通信制高校の基礎知識

【通信制高校でいじめが起きにくい理由】誰でも安心して通える?

通信制高校ではいじめが起こりにくいと考えられています。毎日のスクーリングが少ないこと、先生が親身に対応してくれること、過去にいじめを受けた経験者が多いことなどが挙げられるからです。

また、対人関係の悩みを相談できるカウンセラーがいること、不登校経験者や学力に不安がある人でも入学しやすいというメリットもあります。

ここでは、通信制高校ではいじめが起こりにくい理由と、いじめ経験者が通信制高校を選ぶメリットについてお伝えします。

通信制高校を調べるなら一括資料請求が便利!
\【全国対応】自分にあった学校が見つかる! /
【無料】学校資料・パンフレットの
お取り寄せはこちら

通信制高校はいじめが起きにくい

通信制高校は全日制や定時制と比べるといじめは起きにくいと考えられます。

実際に文部科学省が出しているデータを参考にしてみると、対人関係で中途退学する人は全日制よりも少ないです。割合でいうと、約4分の1にとどまっています。

人間関係で中途退学した人の割合
全日制9.4%
定時制5.0%
通信制1.8%

参考:平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果

通信制高校はいじめが起こりにくい理由

通信制高校でいじめが起きにくいのは、以下4点が関わっています。

  • 毎日スクーリングする必要がないこと
  • 先生が親身に対応してくれること
  • 過去にいじめを受けた経験者も多いこと

毎日スクーリングする必要がないから

多くの通信制高校では、毎日スクーリングする必要がありません。人と顔を合わせる機会が少ないからこそ、対人関係のトラブルも引き起こしにくいと考えられます。

スクーリングの頻度は学校によります。週3回のところもあれば、年に4回でいい学校もあるほどです。

学校の仕組み自体がいじめを引き起こしにくいことは通信制高校の特徴と言えるでしょう。

先生が親身に対応してくれるから

通信制高校には過去にいじめを受けた経験がある人や、不登校経験者も比較的多く通っています。学校もこうした事情は十分に理解しており、先生の対応も親身であることが多いです。また、学校としてカウンセラーやソーシャルワーカー(社会福祉士)を配備していることも多く、心の悩みを相談しやすい環境が整っています。

さらに、通信制高校は少人数制であることが多いため、先生が一人一人に目を届けやすい環境にもなっています。何かおかしなことがあっても、素早く対応しやすい環境にあると言えるでしょう。

過去にいじめを受けた経験者も多いから

通信制高校にはいじめ被害を受けていた人が比較的多いことも理由として挙げられます。自分自身がいじめられていた過去があるからこそ、人の心の痛みがわかる生徒が多いです。

また、過去のトラウマから対人関係を避ける生徒が多いことも、いじめに発展しにくい側面を生んでいます。

逆に同じ過去を持つ者同士が共感しあい、親友と呼べる仲に発展することも少なくありません。通信制高校でも人間関係の育みは十分にできると考えられます。

通信制高校では対人関係の悩みをカウンセラーに相談できる

通信制高校には、心の悩みを相談できるカウンセラーやソーシャルワーカーを配備しているところも多いです。

勉強や進路のことはもちろん、対人関係や家庭のことなど、幅広く相談に乗ってくれます。深刻な悩みほど第三者に相談したほうがやりやすいこともあります。親にも言えないことを相談できることは、カウンセラーやソーシャルワーカーのメリットです。

また、カウンセラーやソーシャルワーカーは、これまでの経験からトラブルに対する対処法を知っています。思い悩んでしまった時は一人で悩まず、気軽に相談してみましょう。何か解決の糸口が見つかるかもしれません。

学力に不安があっても通信制高校なら安心

いじめが原因で不登校になり、学力に不安を抱えている人も通信制高校なら心配いりません。

まず最大の悩みである入試ですが、多くの通信制高校では学科試験を行なっていません。主には作文や面接などを通して行われるため、学力に不安がある人でも受験することができます。面接も人と話すことが苦手な人でも受けられる内容になっているので心配いりません。また、少人数制クラスで先生が丁寧に勉強を教える学校もあり、これまでの遅れを取り戻すことも努力次第では可能です。

中学や高校で不登校になったとしても、新しく通信制高校に入り直して再スタートをきっている人はたくさんいます。通信制高校は、ひとりひとりの個性を伸ばし、生きる力を育む学校です。いじめによる不登校を経験した方でも、心配の少ない通信制高校に入りなおし、自分の力を伸ばすことが可能です。

https://tsushin-marunavi.com/hikikomori-kokojiken/

いじめが起きた場合に相談できる窓口一覧

もしいじめを受けてしまった場合は、一人で悩まず、誰かに相談することが大切です。それぞれの都道府県で相談窓口を設けていますが、下記は全国対応可能の窓口となっていますので、思い悩む前に相談してください。

24時間いじめ相談ダイヤル

電話番号0120-078-310
受付時間24時間
運営文部科学省
対象子ども・保護者

子供の人権110番

電話番号0120-007-110
受付時間平日8:30〜17:15
運営法務省
対象子ども・保護者

ヤング・テレホン・コーナー

電話番号03-3580-4970
受付時間平日8:30〜20:00
土日祝8:30〜17:00
運営警視庁
対象子ども・保護者等

チャイルドライン

電話番号0120-99-7777
受付時間16:00〜21:00
運営NPOチャイルドライン支援センター
対象子ども

まとめ

まとめ
  • 通信制高校ではいじめは起きにくい。スクーリングが少ないこと、先生の対応が親身なこと、過去にいじめを経験した人が多いことなどが理由。
  • 通信制高校にはカウンセラーやソーシャルワーカーが在籍しており、心の悩みを相談しやすい環境が整っている。
  • いじめによる不登校で学力に不安があったとしても、通信制高校なら安心して入学可能。入試は学力で選抜されず、入学後も丁寧に勉強を教えてくれる学校が多い。

いじめを受けたことで悩みを抱えていたとしても、通信制高校ならまた同じことで悩む心配は少ないと考えられます。高校から新しいスタート切り、不安の少ない学校生活を送ってみてはいかがでしょうか。

通信制高校を調べるなら一括資料請求が便利!

\【全国対応】自分にあった学校が見つかる! /
【無料】学校資料・パンフレットの
お取り寄せはこちら