通信制高校の基礎知識

通信制高校の「広域」と「狭域」の違いは?スクーリングはどうする?

通信制高校の中には、学校の所在地以外からも入学できる「広域通信制高校」があります。ほとんどの場合は私立学校になるため、多彩なカリキュラムが用意されていることから学びたい分野が見つかる可能性が高く、また卒業までの手厚いサポート体制が魅力的です。

しかし、自宅から遠く離れているとしても最低限のスクーリングは行わなければなりません。そうした場合に備え、広域通信制高校では協力校や分校を設け、そこにスクーリングできる環境を整えています。

今回は広域通信制高校と狭域通信制高校について詳しくお伝えします。

通信制高校を調べるなら一括資料請求が便利!
\【全国対応】自分にあった学校が見つかる! /
【無料】学校資料・パンフレットの
お取り寄せはこちら

通信制高校の「狭域」と「広域」って何?

通信制高校には、「狭域通信制高校」と「広域通信制高校」の2つがあり、それぞれ入学できるエリアが異なります。

学校入学できるエリア
広域通信制高校3都道府県以上を入学可能エリアに設定している
狭域通信制高校学校が所在する都道府県+隣接する1都道府県のみ

つまり、学校が所在する都道府県+隣接する都道府県のみからしか入学できないのが狭域通信制高校、3都道府県以上から入学できる体制を整えているのが広域通信制高校、ということになります。

広域通信制高校は基本的には私立学校で、反対に狭域通信制高校のほとんどは公立学校です。

広域通信制高校の場合、スクーリングはどうなるのか?

例えば地方から東京の広域通信制高校に入学した場合、たとえ遠く離れていたとしても最低限定められた回数のスクーリングは行わなければなりません。

こうした場合に備え、本校の所在地以外にも全国に分校や協力校を設け、近くにスクーリングできる環境を整えている学校や、合宿形式で短期間の集中スクーリングを行う学校もあります。

自宅から通える範囲に分校・協力校があればスクーリングも問題なく行えるでしょう。

狭域通信制高校は分校や協力校が少ない

狭域通信制高校の多くは公立学校ですが、分校や協力校は広域通信制高校と比べると少ないのが実情です。場合によっては本校でしかスクーリングができないことも。

もしかすると、自宅近くに協力校を持っている他県の学校に入学したほうが、結果的にスクーリングが楽ということも考えられます。必ずしも狭域通信制高校のほうが通いやすい、というわけでないことは頭に入れておきましょう。

広域通信制高校と狭域通信制高校のメリット・デメリット

広域通信制高校と狭域通信制高校のメリット・デメリットは私立学校と公立学校のメリット・デメリットと置き換えることもできます。

広域通信制高校狭域通信制高校
メリット・協力校・分校が多い
・多彩なカリキュラムを用意
・手厚いサポート体制
・学費が安い
デメリット・学費が高い・協力校・分校が少ない
・学べる分野の幅が狭い

広域通信制高校は学費が高いことがデメリットなものの、多彩なカリキュラムが用意されており、自分の学びたい分野が見つかる可能性が高いです。また、私立学校の特性を生かした手厚いサポート体制が特徴であり、生徒がきちんと卒業できるようきめ細やかなサポートが期待できます。

狭域通信制高校は何よりも学費が安いことがメリットです。しかしながら、学べる分野の幅が狭く、いわゆる「普通科」で行われるような学習がメインとなるのが一般的です。また、学習は生徒自身の力で進めることが前提となっており、卒業率もあまりよくないのが実情です。計画的に学習を進める力や、自己管理能力が求められる、といってもいいでしょう。

広域通信制高校があるからこそ、県外の学校も視野に入れるべき

自宅から遠くの学校も選択肢に入れられることは通信制高校のメリットです。全日制の学校では、どうしても通える範囲内で学校を選ばなくてはなりません。しかし、広域通信制高校の場合はそうした制限を取り払って学校選びを進められます。

特に私立の通信制高校の場合は全日制普通科では学べないうような学習カリキュラムが用意されています。アニメ、イラスト、音楽、ファッション・・・などなど、将来的にこうした道に進みたいということであれば、高校生のうちから学ぶのも悪くありません。

私立学校は学費が高いことがデメリットにはなりますが、本当に自分のやりたいことがあるのであれば、こうした学校を選ぶことも視野にいれてみましょう。将来的に役立つのは、自分の学びたい分野を学べる環境を選ぶことではないでしょうか。

まとめ

まとめ
  • 広域通信制高校とは、学校の所在地を含め、3都道府県以上を入学可能エリアに設定している学校。ほとんどは私立学校が占める。
  • 広域通信制学校に入学した場合も、最低限定められたスクーリングは必要。こうした場合に備え、協力校や分校を設置している。
  • 私立の広域通信制高校の場合は多彩なカリキュラムが用意されており、またサポート体制も手厚い。学費が高いことがデメリットになるが、充実の内容が期待できる。

他県の学校を選択肢に入れられることは通信制高校のメリットのひとつです。多彩なカリキュラムが用意されているので、全日制に自分の学びたい分野がない場合は、通信制高校を選ぶ道もあるのではないでしょうか。そのために広域通信制高校があるのですから、こうした学校も選択肢に入れてみてください。

通信制高校を調べるなら一括資料請求が便利!

\【全国対応】自分にあった学校が見つかる! /
【無料】学校資料・パンフレットの
お取り寄せはこちら

あなたにオススメの記事
通信制高校の基礎知識

通信制高校とアルバイトは両立できるのか?

2021年2月5日
通信制高校まるわかりNAVI
「高校生になったらアルバイトがしたい」と考えている人も多いと思いますが、通信制高校であれば学校とアルバイトの両立は十分に可能です。全日制高校ではアルバイトは原則禁止とされることがほ …